Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

アジアで言語学徒

アジアの言語学、文字学が楽しすぎる✌︎('ω'✌︎ )

モンゴル語の文字変遷 モンゴル帝国からモンゴル国へ (1)

文字

みんな大好きモンゴル語の表記体系の変遷が時代に翻弄されてるのが面白いと思ったので調べて見ました。

 

(1) モンゴル文字の誕生

縦書き縛りが魅力のモンゴル文字。由来はウイグル文字にあるらしいとされ、下記のような逸話があります(荒井, 2006, p.25)。モンゴル帝国を興し絶好調のチンギスハーン(在位1206-1227)はナイマン国を占領します。ウイグル文字をみたチンギスハンは、捕縛したナイマン国のウイグル人宰相タタトンガに帝国の文字の作成を命じました。

 

f:id:yukalingua:20161206104706p:image

ウイグル文字

 

f:id:yukalingua:20161206104715p:image 

モンゴル文字

 

中国内モンゴルでは1955年に一旦キリル文字に取って代わられたものの、高まる中露間の緊張関係の内に、1958年から現在に至るまで再度使用され続けています(Gilberg & Svantesson, 1996, p. 18)。ロシアブリヤードでは1936年、モンゴル国では1941年までの主な表記体系でした。近隣諸国との外交に翻弄されるモンゴルで、モンゴル文字に代わる文字を作ろうという試みは20世紀に至るまで、何度も繰り返されることになります。

 

次回 (2) 国際文字としてのパスパ文字 

 

参考文献

荒井, 2006, 言語の統合と分離. 東京: 三間社

Gilberg, R. & Svantesson, J., 1996. The Mongols, their land and history. In: O. Bruun & O. Odgaard, eds. Mongolia in Transition. Richmond: Curzon Press, pp. 5-22.

船田, 2007, 中国を通したモンゴルの二種の文字. 言語, 10月, 36(10), pp. 38-41.